誰でも使えるAED

救急時に使えるAED

トップ / 救急時に使えるAED

AEDの使用にあたっての注意点

AEDを使用するにあたっての注意点は、まず心臓が心室細動、つまり心臓の筋肉が痙攣している状態の心臓に反応するので、正常に動いてる方や停止している方には反応しません。電極パットを張るときに、汗などの水分などを拭き取り乾燥している状態にパットに記載している場所に貼り、ネックレスやブレスレット、腕時計などの貴金属やシップなども取り外すようにします。胸毛が生えている方でパットが貼りにくい方がいた場合は、付属のカミソリがありますので剃ってから貼るようになります。そしてAEDを作動させる場合は、傷病者に触らないよう離れてるようにします。もし触っていると誤った診断をしたり、助けようとする人が感電してしまう可能性があるので触らないようにしてください。

AEDの注意点について

AEDは公共機関には必ずある機械です。どのような機能を持ったものかわからない人の方が珍しいくらい普及しています。街の中にも置いてあることも多いのですが誰もが使ったことが無くいざそのような現場に居合わせた場合に混乱してしまうのではないかと不安になるかもしれません。安全面と誰にでも使えるように作られたAEDですからよほどの事が無い限り事故は起きないでしょう。注意点としては健康な人に対して使用しない事です。必要な時に限って認められている行為ですので注意が必要です。利用方法の講習集会については自治体で行っている場合がありますので事前に仕組みや使い方を知っておきたい方は参加すると良いでしょう。

© Copyright AEDに関心を持つこと. All rights reserved.